一般歯科

当院の虫歯治療

当院の虫歯治療

当院では「一生自分の歯で美味しく食事ができる」ことをめざし、歯の寿命を可能な限り伸ばす治療を心がけています。
そのためプラズマレーザーやマイクロスコープといった最先端技術を導入し、できる限り「痛くない」「歯を削らない」「神経を抜かない」治療をご提案しています。

レーザーを使った、なるべく痛くない治療

レーザーを使った、なるべく痛くない治療

当院では、歯科用レーザーの中でも最上位機種といわれるプラズマレーザー「ストリーク」を導入しております。
歯を削る場合、削る量を最小限に抑えることができる、麻酔を使わずに治療ができるほか、歯質の強化、歯周病改善など、以下のようなさまざまな効果が期待できます。 詳しくはこちら

  • 歯周炎・歯肉炎を少ない痛みで快適に健康な歯肉に近い状態へと戻します。
  • 根管治療後の痛みを和らげたり、根管内を消毒殺菌する効果も期待できます。
  • 入れ歯が当たって痛いなど、口腔内の不快な痛みを即座に緩和します。
  • 口内炎のつらい痛みを即座にやわらげます。
  • 深部まで冒された虫歯も、神経を取らずに治療できるケースが増えます。
  • 歯がしみる感覚を即座に緩和することができます。
  • 口を開けるときのあごの痛みをやわらげます。
  • 健康な歯をより強く丈夫にし、虫歯になりにくくします。
  • 治療後の虫歯再発を予防します(歯質強化・二次虫歯予防)。
  • 初期の虫歯は削ることなく治します(一回の治療で済むことが多くなります)。
  • 黒ずんだ歯肉の色を健康的なピンク色に戻します。

マイクロスコープを使った、なるべく削らない治療

マイクロスコープを使った、なるべく削らない治療

一度削ってしまったら歯は元の状態に戻ることはありません。そのため、当院では初期の虫歯であれば、プラズマレーザーで殺菌して歯質強化する「削らない治療」のご提案も行っています。歯を削らないため、1回の通院で治療が終わるケースも少なくありません。また、歯を削る治療にはマイクロスコープや歯科用ルーペを使用して、治療部位をしっかりと確認し、削る量を最小限に抑え、しかし絶対に虫歯の取り残しのないように心がけています。

今までは虫歯が進行して痛みが生じると「神経を抜く」という治療が多く行われてきました。しかし神経を抜くと、その後、様々なトラブルが発生しやすくなり、どうしても歯の寿命が著しく短くなってしまいます。 そこで当院では、安全・安心な殺菌水を利用し、連続殺菌消毒しながら治療をすると同時に、マイクロスコープ+プラズマレーザーを使った治療で、神経をできるだけ取らない治療をおこなっています。 マイクロスコープとは歯科用顕微鏡ともいわれ、視野を何十倍にも拡大する装置です。虫歯の完全除去や、神経を抜いた後の治療、詰め物やかぶせ物が必要となる治療、外科治療などで活用し、より精密な治療を心がけています。

ほとんどの歯科治療にマイクロスコープを最大限に活用することで、再治療のリスクを大幅に減らす効果が期待できるのです。

セレックワンデーセラミック治療

当院では治療を繰り返さない「長持ちする治療」として1dayセラミック治療「セレック」を採用、お勧めしています。

セレックの治療の流れ​

  • Step1スキャン

    スキャン

    口腔内を専用3Dカメラでスキャンします。
    今までのような粘土材料での「型取り」は必要ありません。
    短時間で、しかも「型取り」が苦手な方も、全く苦になりません。

  • Step2精密設計

    精密設計

    コンピュータの画面上で、患者さんの治療箇所に合わせて補綴物を設計します。
    歯の形や、噛み合わせをコンピューターで調整し、歯の色に合わせて素材のブロックを選んでいきます。

  • Step3補綴物作製

    補綴物作製

    ミリングマシンと呼ばれる機械が、コンピューターで設計されたデータをもとにセラミックブロックを削り出し、チェアサイドでみるみるうちに精度にすぐれた修復物を加工・作製していきます。

  • Step4セット

    セット

    ミリングマシンで削り出されたセラミックの最終調整を行い、必要があれば色づけを行って、口腔内に確実に接着します。
    咬み合わせの確認と研磨を行って完成です。
    ここまでにかかる時間は、最短で1時間程度です。
    10年間で90%以上の残存率を実現するCERECシステム。
    これからは、むし歯の再発しないように、予防をしっかりと行って、長持ちさせていきましょう。

セレックの特徴

セレックの特徴と治療の流れ

ドイツで生まれた「CEREC(セレック)システム」は歯の性質に近いセラミックのかぶせ物をその日のうちに作成できるシステムです。プラスチックや金属のかぶせ物と違い、着色や変色、摩耗の心配がなく、プラークが付きにくいなど、次のようなメリットがあります。

  • すきまから新しい虫歯になりにくい
  • 歯の破折防止
  • 神経への刺激が少ない
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 自分の歯と同じ硬さなので噛み合わせにやさしい
  • メタルの治療より長持ちすることが証明されている
  • その日のうちに接着するので細菌感染を防止できる
  • その日のうちに接着するので、接着剤のつきがよい
  • 保険治療よりも健康な歯を削らずにすむ
  • 通院回数、麻酔の回数を減らせる

治療のステップは4つ。歯を削った後、3Dカメラで口腔内を撮影し、その後、コンピュータの3D画面上で修復物を設計。そのデータをもとにミリングマシンと呼ばれる機械が優れた精度で修復物を加工・作成、その後、口腔内にセットして治療完了となります。

オリジナルに限りなく近い、安心・安全で耐久性にも優れた詰め物やかぶせ物を通院1日、最短1時間で治療できる画期的なシステムです。

当院の歯周病治療

当院の歯周病治療

歯周病の予防・治療には、セルフケア(毎日のプラークコントロール)が上手くできていることが最重要ポイントです。
まずは、歯周病の正しい知識、治療法、予防法、どうやったらセルフケアを実現できるかをしっかりと説明相談させて頂きます。
セルフケアが確立していない状態では、あらゆる歯周病治療はほとんど意味がありません。 みなさまが全員「セルフケアの達人」になっていただき、それを長く継続していけるようにスタッフ全員でサポートしていきます。
歯周病対策は、健康長寿や痴呆症予防の決め手となります。 「正しい口腔ケアができると、スッキリとして気持ちが良く、口臭もしないし、とても快適」という楽しさを皆様と分かち合いたいと願っております。 そして、何より「自分の歯で一生噛める」ことが、可能となります。

セルフケアができるようになった上で、必要な方には、状態に応じて、除菌水を用いた歯周病治療、プラズマレーザー治療、歯周組織再生治療、矯正(歯周病によってズレたり移動してしまった歯を正しい位置に戻す)といった治療を提案させて頂きます また、歯周病予防に非常に効果的なうがい水である「POIC®ウォーター」を使ったご家庭での口腔環境改善指導なども積極的に行っています。

歯周病の原因と進行

歯周病の原因と進行

歯周病は「歯周病菌」といわれる細菌が原因です。プラックコントロールが十分でないと、歯と歯の間や、歯と歯ぐきの間に細菌が増殖し、歯垢(プラーク)という細菌の塊が歯の表面にへばりつきます。これを放っておくとプラークは石のように硬い歯石になり、さらにブラ―クが溜まっていくことになります。

プラークや歯石を放っておくと、歯周病菌の影響で歯ぐきが赤く腫れあがってきます。炎症が歯ぐきにとどまっている状態が歯肉炎です。こうした炎症が進み、歯周ポケット(歯と歯ぐきの隙間)ができるほどになると歯周炎と呼び、歯槽骨の破壊がはじまります。これが軽度の歯周病の状態です。さらに中等度の歯周病になると、歯周ポケットがさらに深くなり、歯槽骨の破壊が進んで歯がぐらつきはじめます。重度になると歯根のほぼ全体が露出するほど歯槽骨が破壊され、歯が自然に抜けてしまうこともあります。

レーザーを使った治療

レーザーを使った治療

歯周病は「歯周病菌」という細菌が根本的な原因です。当院では、プラズマレーザーによる治療によって、この細菌と感染物質を殺菌消毒し、同時に、歯質強化を行い虫歯になりにくい強い歯に変えていきます。
ほとんどの場合、麻酔も不要で、術後の治りは極めて早く治るのがレーザー治療の特徴です。 また、重度の歯周病に悩む人でも、歯周ポケットの深い部分にある歯石まで瞬時に蒸散させることが可能なため、外科手術に頼ることなく歯や歯ぐきを健康な状態へと改善することも可能となります。今までは、歯石をとるために手術が必要な事が非常に多かったのが、手術をしないでも対応できる範囲が劇的に広がりました。

水を使った治療と予防

水を使った治療と予防

当院で導入している連続除菌治療システムによるこだわりの殺菌水「POIC®ウォーター」は、歯周病治療においても大きな力を発揮します。
歯周病治療の基本は、歯周病菌の除菌をいかに徹底して効率的にできるかが大きなカギとなります。そのため、この「POIC®ウォーター」をすべての治療に使用し、口腔内環境改善をめざすほか、歯周病治療のもう一つの柱ともなるホームケアにも使用していただくようご提案しています。

矯正歯科

歯周病で歯が動いてしまった方へ

当院では、不揃いな歯並びに悩んでいる方の治療に関しては、基本的に矯正専門医へとご紹介しています。
しかし、重度の歯周病によって歯が移動してしまった、歯と歯の間に隙間ができてしまったなど、歯周病を伴う歯並び矯正に関しては、状況に合わせた治療やご提案をしています。歯周病が進行することで、歯が移動する、伸びる、傾いてしまうと、出っ歯や受け口のような状態になり、ひどいときには顔の表情まで大きく変わってしまいます。そのような場合には歯の表面に金属の装置(ブラケット)を接着する、アンカースクリューを打って歯を移動するなどの処置を行っています。数滴の麻酔だけで痛みの少ない治療もご提案していますので、歯周病による歯並びにお悩みの方はお気軽にご相談ください。

子どもの矯正について

子どもの矯正について

子どもの矯正治療は、乳歯と永久歯が混在する「混合歯列期」に行うことが多く、子どもの成長を利用して歯並びの改善をめざします。したがって、治療時の痛みはほとんどないのが特徴です。歯並びは指しゃぶりやほおづけなど外的な圧力からも影響を受けます。子どものこのようなクセを除去する矯正装置を使うことで歯並びの改善をめざします。

矯正治療の対象となる不正咬合の種類

矯正治療の対象となる不正咬合の種類

歯は「歯並びがキレイ=歯がしっかりと噛み合っている」わけではありません。すべての歯がきちんと噛み合い、あごの動きに合って食べ物を噛めなければならないのです。歯並びや噛み合わせが悪いと、歯磨きがしにくく虫歯や歯周病になりやすい、口臭の原因となることがあるなど、さまざまなトラブルを引き起こす可能性も。

以下のような歯並び・噛み合わせが気になる場合は、矯正治療を検討してみてはいかがでしょうか。

  • 上顎前突

    上の前歯が極端に前に出た状態。出っ歯のこと。

  • 反対咬合(下顎前突)

    下の前歯が上の前歯より前に出たいわゆる受け口のこと。横顔がしゃくれたように見えてしまうことも。

  • 叢生(そうせい)

    歯が凸凹に重なり合った状態で、歯磨きしにくいため虫歯や歯周病の原因になることも。

  • 上下顎前突

    上下の歯が前に突き出た状態。口もとの見た目があまりよくない上、唇を自然に閉じられないという方も。

  • 開咬

    閉じた前歯が噛み合わず、上下に隙間が開いてしまう状態。食べ物によっては噛み切れないケースもあります。

  • 過蓋咬合(かがいこうごう)

    上の歯が下の歯に深くかぶさった状態。歯の接触が大きくいため、損傷してしまうことも。

  • 交叉咬合(こうさこうごう)

    歯の噛み合わせが部分的に上下反対になっている状態。顔が歪んで見える、食いしばることができないケースもあります。

まずはお気軽に
ご相談ください

  • 診療時間 9:00~12:00 / 14:00~18:00
  • 〒313-0004 茨城県常陸太田市馬場町85-1 KKビル2階
  • 院長ブログ DOCTOR BLOG
  • クレジット対応可能 保険診療にはご使用できません
pagetop