歯のメインテナンス

歯の予防・メインテナンスについて

歯の予防・メインテナンスについて

メインテナンスの重要性

歯の予防・メインテナンスとは「健康を守り育てる歯科医療」のことです。
毎日の歯磨きはもちろん大切ですが、実は歯磨きだけでは落としきれない汚れがあり、その汚れが虫歯や歯周病を引き起こす原因となっているのです。
虫歯や歯周病のない健康なお口を保つためには、歯科医院で行うプロケアとセルフケアの両方が重要です。当クリニックでは患者さん一人ひとりのお口の状態に合ったセルフケアの指導と、専門的なプロケアを行なっております。

健康なうちから「歯科医院で」ケアを行う目的

皆さんは今まで、歯が痛い、詰め物が取れた、かぶせ物が取れた、歯肉が腫れたといった痛みや不都合が生じてからはじめて歯科医院に行っていたと思います。このように疾患の「原因」を取り除くことをせず、結果に対してのみ対処的な治療を行って、本当に治ったと言えるでしょうか。虫歯ができてしまう、また歯周病が進行してしまう口内の環境を改善しなければ、せっかく治療したはずの部位も再発してしまいます。また新たな問題が生じたとしても不思議ではありません。

これまで治療が上手であることが歯科医に求められ、それは今でも正しいことではありますが、これからの歯科医師は、患者さんの種々な口腔環境を把握し、適切な対処をすることで疾患の発症を未然に防ぎ、健康な歯を守り育てる能力がさらに求められています。これからは、治療はもちろんのこと、予防重視で費用をかけていくべき時代です。

菊池歯科クリニックの予防へのこだわり

  • 虫歯菌・歯周病菌を除去する「POICウォーター」の導入

    当院では細菌やウイルスに対して強い殺菌力を持つ「POICウォーター」という機能水を活用した治療を行っています。治療時にPOICウォーターを使用することで、歯周病のそもそもの原因である「歯周病菌」や虫歯の原因菌を効果的に殺菌するほか、院内感染対策にも活用しています。
    またご家庭でも毎日のケアに高濃度の「POICウォーター」を使用することで、虫歯・歯周病の高い予防効果が期待できます。毎日の歯磨き前に「POICウォーター」でうがいしたんぱく分解除菌をすることで、細菌の塊であるデンタルプラーク(歯垢)を落としやすくすることで、口腔内の環境を整えることができます。

  • 丁寧な歯磨き指導で、一人でも多くセルフケアの達人に

    「虫歯」と「歯周病」は、効果的な予防処置と健康習慣によってしっかりと予防することができます。つまり、毎日のセルフケアをしっかりと行うことができれば、虫歯と歯周病のリスクをぐっと下げることができるのです。
    当クリニックでは、口腔環境と生活習慣などを加味して、一人ひとりにあったセルフケアをご提案します。子どもから大人まで、丁寧に指導することで、一人でも多くのセルフケアの達人になれるように努めています。

歯科医院で行う歯のメインテナンス

  • PMTC

    歯科医院の専門家によるプラークコントロールをPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)といいます。歯科医師や歯科衛生士によるお口のクリーニングによって、歯の表面はつるつるになります。
    歯ブラシのとどきにくい歯と歯の間、歯と歯ぐきの隙間なども専用の器具を使って徹底的にクリーニングします。そして仕上げにフッ素を歯の表面に塗り、虫歯菌や歯周病菌から歯と歯ぐきを守ります。これで歯周病の進行を抑え、予防することができます。
  • エアフロー

    エアフローは、専用の粉末を歯に吹きかけて歯の表面の汚れを取るための装置です。ブラッシングでは除去しにくいバイオフィルムなども取り除くことができますし、歯や歯肉にも負担をかけない上に痛みもありません。
    当クリニックはスイスのEMS社製のエアフローを使っており、虫歯や歯周病の予防、再発防止に役立てています。

  • 歯磨き指導

    ブラッシングは自己流で行っていると磨き方のクセがあることから、どうしても磨き残しがあり、虫歯や歯周病につながります。当クリニックはそれぞれの方のクセを踏まえて、磨き方を改善できるようていねいにアドバイスしています。

  • フッ素塗布・シーラント

    フッ素は歯の石灰化を促し、歯面を強化する上に、細菌の活動を抑える効果をもっています。またシーラントは、食べ物のカスなどが残りやすい歯の溝部分を事前に埋めて虫歯を予防します。

3~4ヶ月に1度、
定期検診を受けましょう

3~4ヶ月に1度、
定期検診を受けましょう

日本人が歯を失う原因の第1位は歯周病で、第2位は虫歯です。歯周病も虫歯も初期には自覚症状が無いことが知られているので、気付いた時にはある程度進行していることが多い病気です。そのため、定期的な検診を受けて予防に取り組むことが重要です。