当院の滅菌について

虫歯・歯周病予防に、徹底した院内感染対策

虫歯・歯周病予防に、徹底した院内感染対策

当院では「安全で安心な治療環境」を実現する残留塩素濃度補正装置による「連続除菌治療システム」を導入しています。

歯科医院では、治療用チェアー(歯科ユニット)から出る水を、歯を削る際やうがいなど治療のさまざまな場面で使用しています。しかし、この治療用チェアーから出る水は、水道水をそのまま使っているケースが多く、近年その水質が大きな問題となっています。法律では、こうした治療で使われる水は、水1ccあたり菌が100個以内でなければならないと定められていますが、中には菌が10万個以上も含まれていたといったようなケースも確認されています。

当院で導入している連続除菌治療システム「エコシステム」は、高濃度の塩と超純水を電気分解してつくられる『電解機能水』 (殺菌水)を、治療チェアーの排水管をはじめ院内のすべての給水管に通水。それにより口腔内を常に連続殺菌しながら治療することが可能となり、虫歯や歯周病予防、院内感染防止にと活用しています。

また、治療の前には、患者さん一人ひとりにさらに高濃度の『タンパク分解型除菌水』でのうがいをお願いするなど、徹底した除菌対策を講じています。

万全の減菌対策を行っています

歯科治療水安全施設認定証

当院では患者さんが安心安全に歯科治療にかかれるように「一歩進んだ滅菌」をテーマに掲げています。その一環として、歯科用最新型オートクレーブ滅菌器であるドイツ製シロナ社の「DAC Universal(ダック・ユニバーサル)」を導入しております。

滅菌器

この器械は、日本よりも遙かに厳しいヨーロッパ基準の滅菌器であり、歯を削る機械であるタービンやコントラ、ストレートハンドピースをしっかりと洗浄。外部はもちろん内部まで完全滅菌し、しかもオイル注油までできるという最新機器です。さらに「バックフラッシュ」という独自の工程により、機械内部にいたるまでの厳密な滅菌(完全にすべての菌を死滅させる滅菌)も一気に行います。
*Lloyd’s Register Quality AssuranceによるISO 9001:2000およびISO 13485:2003の認証にて証明済みです。さらに小型高圧蒸気滅菌器のヨーロッパ基準EN13060のクラスSに合格。CEマークを取得。

DAC Universal

現在、日本の多くの歯科医院で使用されているオートクレーブでは、コントラやタービンに入り込んだ血液や唾液の除去や滅菌を完全に行うことができません。しかし、当院ではこの「DAC Universal」を活用することにより、より安心安全な歯科治療を受診していただけるようになりました。
「滅菌は、医療人のまごころ」とも言われています。滅菌しているかどうかは、目に見えるものではありませんが、何より大切なのは
•「安心、安全な治療を行うこと」
•「自分がしてもらいたい治療をすること」
と思っております。これからも、スタッフと一緒に医院全体で「一歩進んだ滅菌」に取り組んでまいります。

まずはお気軽に
ご相談ください

  • 診療時間 9:00~12:00 / 14:00~18:00
  • 〒313-0004 茨城県常陸太田市馬場町85-1 KKビル2階
  • 院長ブログ DOCTOR BLOG
  • クレジット対応可能 保険診療にはご使用できません
pagetop