入れ歯・インプラント
・ブリッジ

歯が抜けてしまう原因

歯が抜けてしまう原因

人生100年時代と言われるように、日本の平均寿命は長くなっていますが、残念ながら歯の寿命はその平均寿命にはまだまだ追いついていません。

しかし人間は決して「老化」で歯を失うことはありません。

私たちが歯を失う主な原因となる「虫歯」と「歯周病」は、効果的な予防処置と健康習慣によってしっかりと予防することができます。一生自分の歯でおいしく食事をするためにも、虫歯と歯周病予防対策にしっかりと取り組むことが重要になってきます。

入れ歯

入れ歯

歯を失った際の選択肢として入れ歯がありますが、中には「食事をするときに外れた」「歯ぐきにフィットせずに痛みがある」など、自分に合わない入れ歯に苦労される方も少なくありません。当院ではそんな声に応えるべく、快適でしっかり噛める、そして入れていることを忘れてしまう、そんな「超精密入れ歯」のご提案も行っています。

この超精密入れ歯は、型の取り方から、実際に入れ歯をつくる技工士の技術も通常とは全く異なります。まさに「匠の技」ともいえるほどの仕上がりはインプラントを検討していた感謝さまにもご満足いただけるほど。医師と技工士、それぞれの高い技術によって生まれるこだわりの入れ歯です。

ブリッジ

ブリッジ

失った歯の両隣にある健康な歯を支えにして橋をかけます。橋をかけるのでブリッジと呼ばれている治療法です。健康な両隣の歯は削ってかぶせ物をし、固定してしまうので、入れ歯のように取り外して洗ったりするような手間はかかりません。また、しっかりと両隣の歯に固定されているため、食べるときも違和感が少なく、美味しく食べることができます。

しかし、ブリッジは両隣の歯で支えるため、一番奥の歯が抜けてしまうと支える歯がなくなり、ブリッジをかけることができなくなる、両隣の支えている歯に負担がかかるといった問題点もあります。 見た目には歯の噛み合わせを増やすことはできますが、現実に歯の本数が増えているわけではないので、残されている支えの歯が負担加重になってしまいがちなのです。

インプラント

インプラント

インプラントとは、歯の抜けた所に、人工の歯根を植え、しっかりと顎(あご)の骨と固定した後、その上に人工の歯を製作し装着する方法です。持って生まれた天然の歯と同じように、自然な咀嚼運動(噛み砕きや飲み込む運動)ができるようになります。

インプラントには、従来の入れ歯のようにプラスチックの床(ピンク色の部分)、または残った歯に固定するための止め金などが不要なため、口の中がすっきりとして、本来の自然な運動がよみがえります。また、装着する人工の歯もきちんと固定されていますから、硬いものでも違和感なく食べられるようになります。

治療の流れ

CTを使ったカウンセリング

CTを使ったカウンセリング

まずはカウンセリングを通して、一人ひとりの理想をお聞きすると同時に、インプラント治療についてじっくり相談しましょう。

そして模型やレントゲンによる診査診断を行い、治療計画を立てます。さらに骨の状態によってはCT撮影を行い、より精密な顎の状態を検査します。こうした診査によって得られた結果から「あなたのための治療プラン」を提案し、手術の内容や治療期間、費用などについて詳細に説明いたします。

安全に治療を行うためのピエゾサージェリー

ピエゾサージェリーは、今世界中で注目されている3次元超音波振動によって硬い組織(歯や骨)を削る機械のこと。インプラント等の歯科手術において、今まで不可能とされていた手術を可能にした画期的なものです。

これまで使用されてきたドリルの場合、骨や歯の周囲にあるやわらかい組織(歯ぐきや粘膜など)を巻き込んで傷つける可能性がありました。特にインプラント手術のような口腔外科的な処置をするときには、非常に薄い粘膜(卵の薄皮ほど)に触れなければならない場合もあります。「軟組織を傷つけない安全機構」をもつピエゾサージェリーを導入したことで、当院でもより安心して、このような手術に臨むことが可能になりました。

ALL ON 4

ALL ON 4

ALL ON 4 (オールオンフォー)とは、総入れ歯の方や多くの歯を失った方に4本のインプラント体を骨に埋入する手術のことです。その日のうちに固定式の仮歯をいれるため、すぐに噛むことができるうえ、機能面・審美的にも自然な仕上がりに。もちろん入院の必要もありません。

以前は片顎で14本歯がない総入れ歯の方の場合、一般的に10~14本のインプラントを埋め込んでいました。しかし、本数が多いと手術時間が長くなり、術後の腫れも大きくかさみます。しかしこのALL ON 4 (オールオンフォー)によって、費用や腫れ、手術時間、精神的な負担が大きく軽減。また、これまでは骨が薄い場合、インプラント治療をあきらめるか、大がかりな骨の移植手術をしてから臨むしか方法がありませんでしたが、このような場合にも、この移植手術をすることなく、そのままインプラント治療に取り掛かることができます。

レーザーを使ったメンテナンス

治療後、インプラントを長く良好な状態で使っていただくためには、やはり天然の歯と同様に日常のお手入れは欠かせません。
ほかの歯と同様に、丁寧に歯ブラシをしてきれいな状態を保っていただくだけでなく、必ず3~6か月に1回は来院していただき、クリーニングなどのメンテナンスを行ってください。

当医院では、高濃度タンパク分解型除菌水による洗浄やプラズマレーザーを用いたインプラント周囲のメンテナンスを行っております。インプラント治療後、周囲の炎症予防にも高い効果が期待できます。

まずはお気軽に
ご相談ください

  • 診療時間 9:00~12:00 / 14:00~18:00
  • 〒313-0004 茨城県常陸太田市馬場町85-1 KKビル2階
  • 院長ブログ DOCTOR BLOG
  • クレジット対応可能 保険診療にはご使用できません
pagetop