症例紹介

40代男性_右下5_歯を長持ちさせたい_ワンデーセラミック治療

  • beforebefore
  • afterafter
年齢 40代
性別 男性
治療内容

右下6 ワンデーセラミック治療
治療が1回で済むことが最大のメリット。
歯を削ってから直後にセラミックを接着できるため、仮詰め中によく起こる歯が欠けたり、歯を削った面が汚染されたり、細菌の繁殖することがない。

治療期間・回数 1回
費用 66,000円
治療のデメリット・注意点

麻酔をしている状態で咬み合わせのチェックをしているため、後日咬み合わせの微調整が必要な場合がまれにある。
ワンデーセラミック治療で使うセラミックは、エナメル質と同じ程度の硬さですので、あまりに硬い物を強くかんでしまうと、天然歯と同様に欠けてしまうことがあります。逆に、セラミックが欠けることによってご自身の歯が割れることを防いでくれます。
セラミック治療は、金属を入れる治療に比べて長持ちすると言われていますが、きちんとプラックコントロールできていないと新たに虫歯になることがありますから、メンテナンスはとても大切です。
*************************
麻酔をしてセラミックをセットしているため、麻酔による咬み合わせの違和感もあり、麻酔が切れた後で咬み合わせの調整が必要となる事がまれにあります。
保険適応外の治療となります。

治療詳細

  • ワンデーセラミック治療

    ワンデーセラミック治療について、詳しく知りたい方は
    ▶こちらをクリックしてください。

  • はじめての方はこちら

    初めての方は、ウェブ上で初診予約が可能です。
    治療相談されたい方は、
    ▶こちらをクリックしてください。