症例紹介

20代男性_ セレックワンデーメタルフリー(右下6)

  • beforebefore
  • afterafter
年齢 25歳
性別 男性
治療内容

右下6番虫歯の治療として、セレックワンデーセラミック治療を行いました。麻酔した後、虫歯を完全に取り切って、隣り合った歯には光コンポジットレジン充填を行い、6にはセラミックインレーをセットしています。
全てマイクロスコープ下での治療となり、診療時間はおよそ80分。

治療期間・回数 1回
費用 66000円税別
治療のデメリット・注意点

麻酔をしてセラミックをセットしているため、麻酔による咬み合わせの違和感もあり、麻酔が切れた後で咬み合わせの調整が必要となる事がまれにあります。
保険適応外の治療となります。

治療詳細

  • 術前診査

    隣り合ったところにう蝕が黒く透けて見えています。このような場合、間違いなく隣の歯にも虫歯があります。

  • 形成終了

    虫歯を取り切って、深い部分には光CRを行い、隣の歯にも詰め物が終了した段階。

  • スキャン画像

    口腔内スキャナーにて印象した状態。

  • セラミックインレーを試適

    虫歯を完全に取り切って最終形成を行い、口腔内スキャナーでスキャン、パソコン上で設計後、ミリングマシンにて製作したセラミックインレー。
    特に無調整で適合良好なのが分かります。

  • 接着前処理

    セラミックを確実に歯面に接着させることが非常に重要です。ラバーダムというゴムのマスクをかけて周りから唾液や呼気の湿気が歯につかないように環境整備をします。
    エナメル質のみ限局して接着前処理をしているところです。
    この後、2段階の接着前処理を行います。ラバーダムをしていると前処理剤が口腔粘膜にもれる事故も防げます。

  • 接着前処理終了

    前処理が全て終了してセラミックインレーをセットする直前の状態。

  • 治療終了時

    接着後、咬合調整と研磨、つや出しを行い、終了となります。
    虫歯が浅い場合は約60分で全て終了となります。

  • セラミック治療について

    ワンデーセラミック治療について、詳しく知りたい方は
    ▶こちらをクリックしてください。

  • はじめての方はこちら

    初めての方は、ウェブ上で初診予約が可能です。
    治療相談されたい方は、
    ▶こちらをクリックしてください。